7月30日に書いた独り言です。

今日は朝方、関東地方ものすごい天気だったみたいです。僕も雷の音で目を覚ましました。それで、ふっと気づいたんですね。僕が雷が結構好きだということに。

やっぱり遠くで落ちてる雷が最高ですね。まず窓の外に目を見やる。
空が一瞬ピカッとひかる。お、来るぞ来るぞと思っていると段々低音の方から「うぐぐぐろろろ…」と始まって
「ギ、ギギガガラガラピピピシャアアアアアアア!!!」
みたいなね。来たーって感じですよね。
それに比べ近くに落ちる雷は今一つ見劣りしますね。やっぱり急に来るから割とびっくりするし。こう、来るぞ来るぞっていうタメがないしね。デリカシーが足りない。結構びっくりするし。

でも今朝みたいなシチュエーションは良いですね。ライブ本番は9時からだからお昼近くまで寝ていた方が良いし、微睡みの中響く遠雷、そして土砂降りの音。外はお昼近いのにもう夕方のような暗さで、何か別の世界に迷い込んでしまったような気持ちになります。

まあ雷はなんかワクワクしますね。ガ、ガガラガラガピシャアアアア! みたいなね。ロックですよね。