ついつい。

ええっと、僕も一応mixiをやっている(この、やっているっていう言い方のあか抜けない感じが好きだったりします。最近はあまり聞かないけど「インターネットをやっている」とかね。インターネットをやるってなんなんだ。何をやるんだ)んですが、mixiには日記検索というのがあって、皆が書いてる日記の内容が検索出来るんですね。

で、今回here.の感想というか、聴いてくれた人の生の声をあまり聞いてないなあ…と前の記事でもちょっと触れましたけど、そんな感じなので

「SHAME here」

とかで検索してみるわけです。

そうすると、here.を聴いてくれた方の日記がばーっと(そんなに多くはないですけど)一覧表示されるので、どんな感じに書いてくれてるのかなあと見に行ったりするわけです。やはり興味あるわけです。

しかし、皆さんご存知の通り、mixiには足跡ってやつが付いちゃうんですよねー。なのでSHAMEについて日記に書いてくれた人が翌朝足跡をみると、はっきり「CUTT」って書いてある訳です。

で、「びっくりしましたよー。来るなら来ると言ってくれればお茶でもいれといたのにー」みたいなウィットに富んだメッセージを僕にくれたりするわけです。その度に悪い事したなーと反省はするんです。

CD聴いてその曲に対して書いてくれてるのにそれ作った作者が来ちゃうっていう、修学旅行で夜先生のうわさ話してたら柱の影で本人聞いてたみたいな、なんか後だしジャンケンみたいな微妙さがある行動ですよねえ。「ちぇーっ、せっかく楽しく話してたのにさ。本人来んなよー」というのがまあ、妥当な反応でしょう。ごめんなさいね。何せ前田は好奇心旺盛なもので。

中には凄い友達に宣伝してくれてる方もいて、そういうのってとても嬉しいなあと思います。僕も好きな物は勧めたくなるたちなので、なんか嬉しいなと。ありがとうです。

と、言う訳でこれからも時々日記検索しちゃうとは思いますが、内容がどうあれ日記にSHAMEの事を書いてくれるだけで僕はたいそう喜んでいますので、足跡があっても「しょうがねーなー」と笑って許してくださいね。