親しみのある孤高。

僕が子供の頃から読み続けているマンガが、ほんの最近まで二つありました。ご存知の方もいるかもですが、「美味しんぼ」と「こち亀」です。

美味しんぼの方は102巻で一区切りになりましたが、こち亀はまだまだバキバキに続いています。

今日もコンビニに入ったら、新刊(163巻!)が出ていて、やっぱり買ってしまうんですよね。しかも、ここ最近一時期に比べ(偉そうですが)パワーが増していると言うか、新境地に入った感すらあって、爆笑しながら読んでいます。163巻も先ほど読み終えましたが、爆笑ポイントは3カ所以上ありました。すげえなあ。

10年くらい前のこち亀はまるで日経エンタテインメントのように、流行ものの紹介マンガと化していてそれはそれで面白かったのですが、肝心の部分が少しマンネリしていたと思うんですね。しかしここ最近の見事な復活! 嬉しい限りです。

ジャンプを読まなくなって久しい僕ですが、こち亀は出る限り読み続けるだろうという、意思を新たにしたような次第です。