案ずるより。

産むが易しとはよく言ったものですが、当ブログのコメントや頂いたメールを見ても、意外とSHAME改名に関して前向きなものが多いです。ほー、良かった。

勿論バンドの名前というのは、活動の根幹(でもあり、究極の枝葉だったりもするのですが)なので、誰に何と言われようと信念のあるものであり続ける(もしくは信念あるものに変える)、それだけなのですが、それでもやっぱりいつも応援してくれる人の反応はそれなりに気になるわけです。しかも今はまだ新しい音も届けてないから、何を言っても口だけだしね。

何か質問とかあったら、コメントで質問等してくださいね。

ちなみに、FAQ的な回答をすると、新しい名前になってもSHAMEの曲は演奏し続けます。ただ、SHAMEが音楽的にかなり方向の広いものだったのに比べて、新しいバンドはよりソリッドに方向性が絞られるので、演奏されなくなっちゃう曲も出てくると思います。まあそれは同じ名前で続けていても、ままある事ですが。具体的に言うと、SUNRISEや3RD eye BLINKSとかBEAMING CHAOSとか、その辺りのテイストのものはしょっぱなから生き残ると思われます。

だからやはり残された東名阪一回ずつのライブは、全方位SHAMEとしては最後になるわけで、やり残す事のないよう全力でSHAMEを終わらせるつもりです。

その後は僕としては、

表現がどうこうというよりも、単純に音楽を楽しむぞー!という、CUTTソロと

発信したいエッセンスのみを、ある世界観の中で厳選して表現する新バンドという

二つの極端な二本柱でやって行くつもりです。僕の二重の人格が、どちらも喜ぶ環境に辿り着いたという気がします。

今年の頭はCUTTソロの方が活発でしたが、こっからはバンドの方もぐぐーっと盛り上がってきますよ!