1Q84

良かったー。反応があって(福岡の件ですね)。

いつ出るのかなーとわくわくしていたら、いつのまにか出ていた村上春樹の新作「1Q84」をライブが終わってから毎晩少しずつ読んでいます。

うーん、まだ上巻の途中だけど、やっぱり惹き付けられるものがありますねー。今回は所謂いかにも「むらかみはるきぃ!」的な感じじゃなく、これまでの中でもかなり現世的な物語になっているような気が(ここまでは)します。

で、なんか不思議とこの人の文を読んでいると心が休まるんですよね。

なんて思いつつ、下巻を買いに書店に行ったら売り切れだって! すげ!

ちなみに今ぱっと思いつく僕のフェイバリット春木作品は、小説だと

世界の終りとハードボイルドワンダーランド、ファミリーアフェア、パン屋再襲撃、あと何か女性が眠れなくなる話(タイトル忘れた)とかです。まー、殆ど好きですけど。