終わりなき物語

ここ数日寝る前にミヒャエルエンデの「The Never Ending Story」英訳版を、少しずつ読んでいる。あの映画にもなった「ネヴァエンディンストーオリー♪」のやつね。最近SCOTTとか、the Underneathのライブを見にきてたRONさんとか、英語を話す機会が多く、そういや近頃はあんまり自習してないなと久々に洋書を手に取った訳です。

英語も平易で読みやすいし、何より話が面白い&深い。冒頭の方に
「この本の中には、きっとあらゆる冒険が詰まってる。僕は僕がそれを読むまで何が起こるかを知らない。だけどこの本の中にはもう全てが書かれている。それはなんだか不思議な気持ちだ」みたいな趣旨の文があるんだけど、これなんか深いよねー。量子論的な話を思い起こさせます。

毎晩の楽しみが出来ました。で、やっぱ黙読じゃなくて音読した方が自然に言葉が入ってくるんですね。子供みたいだけど、英語能力的に言えば子供みたいなもんだろうから、これはこれで合ってるんだろう、きっと。音読おすすめです。