武田尚士くん。

去年アルバム作りを手伝わせてもらってからのお付き合いで、年末にはツアーも一緒に回ってもらった、ex. WALKABOUTの武田尚士(たかし)くん。先月の大阪POTATO KIDにも、ゲストとして出演してもらいました。

SOUNDSCAPEメルマガを購読してくれてる人はご存知かと思いますが、そんな彼の再始動第一弾CDをバンドプロジェクト、ユニット共にSOUNDSCAPE ONLINE STOREで扱わせてもらってます。好きなアーティストなので、その再始動のお手伝いが少しでも出来て嬉しいし、何故か俺の声でアルバムが始まるという(バンドの方)重要な役目までしております。

しかしね、それがどんな感じで決まったかというと、こんな感じでした。若干脚色はしてるけど、ニュアンスとして大方はこういう感じ。彼の人徳が滲み出るエピソードです。

た「今何してます? 外ですか?」

か「まいどー。うん。今車のってるけど」

た「うわちゃー。あーそうかー。じゃあ録音が出来る環境じゃないですよね?」

か「うーん。戻るの夜やなあー。どうしたん?」

た「いやね。今アルバムの作業してるんですけど、かっとくんの声が欲しいんです。「welcome to the spiral new world!」って、ええ発音で言うて欲しいんですよ。いやでも、夜かー。夜やと遅いなあー」

か「(えらい急やなあー、さては今思いついたな)うーん。でも今から行くとこにも録音機材ないしなあ…。(そんなん急にゆわれても対応できへんでー、とちょっと冷たく)」

た「そうですよね…(かなり残念そうに)。いや、ほんま突然すみませんでした…。ほな、これで…」

か「(なんだか突然悪い事をしたような気になって)…いや! ちょっと待って! iPhoneで! iPhoneで録って送るから! 向こう着いたらすぐ送るわ!!」

た「ほんまですか! いやー、さすが師匠(彼はこういう時だけ僕をこう呼ぶ)やわ! あざっす!」

と、言う訳で僕は都内某ビルの駐車場に着いた後、防音の為エンジンを切ってエアコンを消して、閉め切った車内で汗をかきながら上記ナレーション(っていうのかな?)を録ったのでした。ちょっと迷惑そうに書いたけど、迷惑そうにしながらも頼られるのが少し嬉しい、そんな人徳を持つたかしくんなのです。(というか、上手に操られてるのか?)

だからか、彼の回りには人が集まってくるし(もちろん音楽性あっての事だけど)、そういうの僕にはあまりないので、見習いたいなと思っている今日この頃です。で、彼のホームページにはそんな彼に色んな人がコメントを寄せていて、僕も頼まれたので僭越ながら一言送っております。

MYSPACEの方では少し試聴も出来るので、知ってる人も知らない人も聴いてみてくださいね。

そんな尚士くんと、年末あたりにかけて何か一緒にやれたら面白いねと話しております。まだ詳しくは分からないけど、ちょっと考え始めてるんで、軽く乞うご期待と言う事で!