KOSYO脱退について。

ブログ、久しぶりの更新がこんな感じでなんなんですが(twitterはまたちょいちょい書いてますが)、今日ベーシストKOSYOの脱退が発表されました。

最近僕らを知ってくれた人には「ええっ!」かもしれないし、長らく応援してくれてる人からは「またっ!?」かもしれません。メンバー内でも冗談で魔の十二月なんて言ってますが、本当に色々あります。僕からは、特に言い訳出来る事はありません。再結成以来の体制が刃こぼれしていき、変わり続ける事に申し訳なさを感じるのみです。

理由の一つは、KOSYO自身がコメントしている通り、彼の中での心持ち、またその変化によるものだと思います。そしてまたSHAMEからの改名、EVERYTHING MUST PASS結成以来確固とした方向性を僕が見つけ切れていない事も大きな理由だと思っています。(SHAME自体音楽的に偏った方向性は特になく、その事が改名の大きな動機となりました。なので方向が見つけられなくても退化しているわけではないのに、見つけようとしているが故にそこの足らなさがネガティブなものとして露呈してしまったという事かもしれません。であれば、自分達の「ハードルがあがった」という事だとも思います)

僕はただ信じる道を行く事しか出来ません。というか、信じる道を行きます。

現体制での残り3本のライブ(来年柏のライブが今日発表されました)は、火事場の馬鹿力的に良いものになると思います。ワンマンのリハーサル、セットリストの話し合いも進んでますが、広義での方向性はありつつも随分と広がったものになって、これは、偉そうな言い方なんですが、SHAME時代も含めて俺たちの音を聴いてくれていた人は特に、来た方がいいんじゃないかなーと思います。女房を質に入れても。

無意識のうちに覆われていた殻や、守るべきものがどんどん減って行き、これからどうなって行くのか楽しみです。
何を得ようと何を失おうと、どうせ時は前にしか進まないのです。楽しんで行きます。