旅行中に留守番のペットと会話する方法

kafka.jpg


旅行中に留守番のペットと会話する方法、という程大袈裟な話でもないんだけど、先日グアムにえらそうに(でもないが)旅行した時の話。

猫を飼ってるんだけど、家を空ける時に3,4日くらいはひとりぼっちでも耐えられるので、いつもペットホテルとかペットシッターさんとかは頼まずに、普通に留守番させて行くのね。もう5才だし、慣れた環境でのんびりの方がストレスも少ないだろうと。

でもやっぱり留守中どうしてるかは気になるので、なんか良い方法ないかなあと思ってまして。

で、今回「あ、そうだ俺mobilemeの会員になってるからどこでもmy macが使えるじゃん!」と気付いて、グアム東京間をskypeで繋ぐという事を思いついた訳です。

ごはんとか水とかが映るようにして、自宅のiMacをセット。どこでもmy macの機能をオンにして、出先からmacをリモート操作出来るようにしておく。

で、グアムに到着後、持って行ったmacbookをホテルの有料インターネットサービスにつなぎ(何で海外のホテルは無料じゃないんだ)、自宅のmacに画面共有で繋ぐ! これで自宅のmacがグアムのmacbookから操作出来るようになる!

あとは、お互いをskypeで繋いでビデオチャットをするだけ! 最初はうちの愛猫カフカは画面に映ってなかったんだけど、僕が「カフカー。カフカー」と辛抱強く呼び続けると、目を覚ました(多分)カフカも「ニャ、ニャー?」と応答。ここ淡白に書いてるけど、実際は結構感動したよ。2500kmの距離を超えて猫とビデオチャット出来るとは!と。

で、「カフカー、こっちー!」と呼ぶと、「ニャ? ニャニャニャー!?」と寄ってくる。カフカにしてみたらきっと「いつの間にそんな薄っぺらい所に入ったにゃー!?」って感じなんだろう、多分。不思議そうな顔をしてる。案の定iMacの後ろに回ってみたりしてる。

「フフフフ。そんな所に俺はいないぜ…」とほくそ笑みながら、その隙にskypeのビデオをフルスクリーン表示に。自宅のiMac画面一杯に俺の顔が映し出される。

…後ろにはいないニャー…とまた前に戻って来たカフカは20inchに引き延ばされた俺の顔に気付き「ニャ、ニャー!!」とびっくり。これほんまに。作ってるやろうと思われそうやけど、振り向き様に「ニャ、ニャー!??」って2回見たもん! もう俺は嬉しくてたまらんくて、この為にmobilemeに入ったようなもんだと一人悦に。

でも猫もさるもの「そういう事なんだにゃー」と順応して、時々画面の中から呼びかけられる事にはすぐなれたみたい。でもやっぱり顔を見せると安心みたいで、いつも長期の留守の後に帰ると「ニャーニャー!!」と怒ったようにまとわりつくんだけど今回はそれもなく、「あ、先日はどうも」みたいな感じで帰ってからもノリが軽かったです。

しかし旅行中ずっと水のごはんの減り具合とか見られるし、これがあるとないとでは安心感は随分ちがうよ。俺はたまたまmobileme会員だったので簡単だったけど、そうじゃないひともVNCとか使えば出来ちゃうだろうし、単に家の様子を映しとくだけだったらustreamでもいい訳だし。

いやあ、良い時代になったもんです。