コーヒーくれるのは嬉しいんだけど。

写真-5


先日大塚でマクドナルドに立ち寄った。

立ち寄ったんじゃないな、マクドナルドを目指して行ったんでした。最近は大抵のマックに無線が飛んでるので便利だし、この日はある曲のミックスの下ごしらえをしとこうと思って。

でもお腹は一杯だったので、ホットコーヒーを注文しました。

そしたら、若い女性の店員さんは

「ただいまサンプリング中ですので、ホットコーヒーは無料になります(ニコニコ)」

と言うじゃありませんか。

え、じゃ、なんか他のも頼もうかな…と思ったんだけど、何しろお腹は一杯だったのです。かといってマックシェイクとホットコーヒーと言う謎のオーダーするのもあれやしなあ…と迷っていると

「以上でよろしいですか?(ニコニコ)」

と決断をせまるじゃないですか女性店員。

うん、だって本当はコーヒーも特に飲みたいわけじゃないんだもん。店内に座ってMacを開く資格が欲しいだけなんだもの。せめてものショバ代としてホットコーヒーを注文したのに、君達はそれがタダだって言うんだもの。このままじゃ俺は「無料のコーヒー(だけ)をもらいに来ただけでは飽き足らず、座って仕事を始めて長居をする厚顔無恥な男」になってしまうんだもの。なのに、それでいいですね?(ニコニコ)と君はぐんぐん迫ってくるんだもの。んなもの、

「…は、はい」

とか細い声で答える以外に、俺に何ができるって言うのさ。

で、写真はその時もらったレシートです。初めて見たよ0円のレシート。

こんなことなら一緒にスマイルも注文しとくんだったね!

なーんつって。

…なーんつって。