昨年末のおさらい ~CUTT東名阪プチツアーその1~

今日は1/4、いよいよ本格的に2011年/CUTT元年が始まります。ブログの更新もスタートです。

いやー、しかしね、いきなりやけど、昨年末は充実してたです。というか、単純に濃かった(笑)

スコットマーフィーのツアーとCUTTのツアーが連続であったので、ほぼ一週間の間に東名阪2週&新潟という、なかなかの行程でした^^。今日は時計の針を少し戻して、12/26~28までのCUTT東名阪ツアーを振り返ってみましょうー。

-----------------------

スコットマーフィーツアーファイナルを終えて中一日、久々に新幹線で大阪へ。

しかし移動しながらの飲食というのは、どうしてああも美味しいのだろうか。僕は駅弁はホームで買う派じゃなくて車内販売で買う派なんだけど(あの選択肢の少なさがよいのだ)、もう心の中ニコニコで食べてますね。駅弁はいやがおうにも旅感が助長されていいですね。

でも飲み物乗っける窪みに飲み物を乗っけると(変な文だな)、微妙に狭いんだよね机が。計算して欲しいな。あと飲み物乗っける窪みは右側じゃなくて左側がいいな。もう少し端に寄ってるともっといいな。

などと考えつつ新大阪着。ポテキに入っていつものとおり用意をして、荒木くんが来てくれて受付をしてくれたので開場後も用意ができて助かりました^^。

ライブはいつも通り楽しかった! ほんとポテキはほぼ毎月ホーム的にやらせてもらってますけど、ありがたいねー^^。

PC260396.jpg

ポテキトイレの目だちそうな所に、チラシ貼って来ました(笑)。行った人はチェック!

終演後は終電で実家に戻って、母と少し話して、コンペ用の作詞。

翌日は名古屋。二連ちゃんに備えてぎりぎりまで睡眠をとって、新大阪へ。

しかし便利さが増えると、その便利がない=不便になってしまって、人間の欲求はとどまる事をしりませんね。や、何の話かと言うと名古屋へは「のぞみ」じゃなくて「ひかり」に乗ったんだけど、「ひかり」だと車内に無線LANが飛んでないんだよね。それに「ちぇーっ」って思う自分ね。ちょっと前まで「つ、つながる~画期的!」と喜んでいたのに、もうこれだもの。ナイトフベンよりもアルトベンリを感じていたいものだわ、などと思いながら名古屋着。

久々のHUCK FINN FACTORYは温かく僕を迎えてくれたのでした。つづく。