SHAME OFFICIAL SITE TOP PAGEについて。

お気づきの方もいると思いますが、少し前から僕のやっているバンド、SHAMEのHPのトップが新しくなりました。メンバーズサイト「SHAME PORTAL」のコンテンツのサンプルがかなり前面に出た従来のスタイルから、サンプルを全てなくしてよりシンプルにSHAMEの情報等を伝えられるスタイルへ。本来ならもっと早くこうするべきだったんですが、色々な事情で今のタイミングになってしまいました。

「SHAME PORTAL」は再結成前から僕がずっとやってみたかった事の一つで、CDをリリースしてライブをする以外にも、バンドとして表現の方法はあるんじゃないかと思ったのが発端です。例えばそれはコンスタントな楽曲の配信だったり、バンドのキャラクターを活かしたインターネットTV的な動画の配信や、メンバー同士の言わばmixi的な交流の促進等、インターネットというメディアを使って新しい送り手と受け手の関係を作ろうと言う狙いで運営されていて、内容的には(これからはもっと新曲の数を増やして行きますが)現状でも面白いものが出来ていると思います。

ただそれによって本来なら不特定多数のユーザーにとって開かれた場所であるべきはずのHPのトップも、SHAME PORTALへの勧誘色が強いものになってしまい、ある種閉鎖的な空気を醸してしまっていたと思います。当初からその事に対する否定的な意見はありましたが、僕もPORTALを面白くしたいという気持ちと、運営していただいている会社へのある種の誠意という意味から、ある程度仕方ないと思っていました。

しかし時が経つにつれ、SHAMEをもっと沢山の人に広めたいという僕達の気持ちに対してHPトップのあり方が矛盾するようになってきたし、ファンの方からとても真摯な意見の手紙を頂いたりしまして、やはりHPはもっと広範囲の人々に向け、最もオフィシャルな広報の場所として存在すべきだし、現状のトップのあり方はその事への足枷にさえなっていると気付き、今回の更新に至りました。意見をくれた沢山の方々に感謝します。
これからメンバーが書き込みできる場所が出来たりもうちょっとグレードアップしますし、2007年を迎える直前のタイミングで更新が出来て、良かったと思っています。

自分にとって一番衝撃だったのは、僕自身が以前にメンバーズページへの勧誘色が非常に強いバンドのHPを見て強い違和感を覚えたにも関わらず、今回そういう受け手側の目線を失っていた事です。初心を忘れず、この経験をこれからの活動に活かして行きたいと思います。これからもSHAMEをよろしく!

と言う訳で、来年からのSHAMEはなかなか面白い事になります。曲も沢山出来て来てるしね。HPはがっつりSHAMEの顔として存在させ、かつPORTALも今まで以上に盛り上げて行きます! そしてブログも頻繁に更新(本当だってば)するぞ。取りあえず次回はCUTTのニューヨーク日記Vol.1です。お楽しみに!