映画「ノルウェイの森」 を観た。

e0109292_12175553.jpg


久々にブログらしいブログを書きます。
観ました。ようやく、映画「ノルウェイの森」

原作が好きなだけに、映画がそれを同じ地平で超える事はまずないので、期待値をぐーんと下げてから観たんだけど、それが功を奏してか、予想以上に、きちんと面白かった(微妙な言い回しだけど、要するに褒めてるんです^^;)

松山ケンイチさん演じるワタナベは、下手すると棒読み感満載になりそうな春樹的セリフを絶妙に自然な抑揚で話していたし、映像も美しく、特に物語が大きく動きだす前の前半は「ああ、あの時代の雰囲気って、こういうのだったのかな~」と楽しませてくれた。

何よりも、観てよかったなーと思ったのは、自分にとっての直子の解釈(というか、イメージ?)が広がった事。

小説から受ける直子のイメージは、どこか綾波レイ的というか、透明感があり、線が細く、生命力の薄い印象だった。(ちなみに直子=綾波、緑=アスカ、レイコさん=ミサトさん的に対応させてみちゃったりしますね。エヴァ世代的には)

しかし菊地凛子さん演じる直子は、透明感はあるもののとても生々しく、生命力は薄いどころか満ち満ちていて、その適切な出口を見つけられず苦しんでいるという印象だった。で、そっちの方が、なんかリアルだなあと感じられたので、菊地凛子さんの演技含め、ナイスキャスティングだなと。それがとても良かった。

原作に割と忠実なエンディングは、あの良さを表現できてるとは言いがたいけど、それはフォーマットが違うから仕方ないですね。だから違う終わり方でも良かったなと思うけど、とにかく小説ってやっぱ映画とは違う地平で素晴らしいなと再認識しました。

ハツミ役の初音映莉子さん奇麗でしたね。レイコさんが歌いまくるシーンは欲しかったなあ…。

この映画を、とにかく主人公がもてまくって、やりまくる映画みたいな感想を散見したけど、まあ映画だけみるとそう思うのも仕方ないかもだけど、それは人生とは「なんか生まれてご飯食べてわちゃわちゃして、結局は死ぬ事」って言い切っちゃうようなもんで、うーんでもまあそれはそれで真実だなあ。

困ったなあ。

(ちなみにキズキ役の高良健吾くん、どこかでみた事あると思ったらORCAのsmileのPVに出てくれてた役者さんでした。偉なりはって、嬉しいよう)