大晦日のご挨拶。

CUTTです。今年も最後の一日となりました。今年は皆さんにとってどんな一年だったでしょうか?

僕にとってCUTT元年と意気込んだ2011年は、シングルの配信開始、Acoustic Best 3作のリリースや、大阪名古屋のマンスリーワンマン、CUTT electrickへの塁くんの加入など色んな出来事がありました。(書き尽くせませんが、色んなミュージシャンや友達、諸先輩にも大変お世話になりました。ありがとうございます)

そして、なんといってもアルバム「Not So Far From Anywhere」を完成させられた事が、とても大きかったです。制作中にどんどんと自分が澄まされていくような感覚がありました。完成してからも嫌というほど聴き続けていますが、今もなお何らかの不思議な力を感じる一枚です。

今年は、過去(の自分)と向き合う機会の多かった一年でした。Acoustic Bestはその最たるものですし、NSFFAでも以前に作ったものを見直し、構築し直すという作業が多かったので。
その中で、古くて新鮮な自分にとっての核を意識的に掴めたような気がします。

CUTT2年(使い続けるぞ)は、今年獲得した核を維持しながら、もっともっと胸が躍るような、新しい音楽を作りたいと思います。

まずは、1/9下北沢ReGでのCUTT electrick 初ワンマンから。
新しいCUTTを観に来て下さいね。

今年も、ありがとうございました。
来年も、宜しく!

CUTT