2月も終わりますね。ライブの感想など。

山田ジャパン「盗聴少年」出演で賑わっております昨今の僕ですが、ライブの方も負けじと展開してます!

新しい環境に触れる事で、音楽にまた新しい輝きを見付け始められたような、そんな今日この頃。

19日は久々(一回欠席したので^^;)の横金祭! CUTT electrickでの参加です。久々の共演、栄二郎くんバンドの皆やChirolynさんとAsakiさんの新ユニットACxAC、そして勿論SIDE GOLDのお二人に囲まれて、楽しい一日でした。久々に潤くん塁くんにも会えたし、やっぱりバンドで音を出すのは気持ち良い! 今の所次のCUTT electrickのライブは決まっていないけど、盗聴少年を終えたら早くやりたいなという気持ちが沸々と湧くような、そんなライブでした。

そして23,24,25日は、名古屋大阪和歌山と3DAYS LIVE! 今年初めての名古屋では3日間の中で最も自由に(我がままに)やらせてもらい、大阪では4月のHEP HALL上陸を記念して、主題歌で振り返る山田ジャパンを、そして和歌山ではヴァイオリニストの竹村さんと一緒だったので、ピアノとヴァイオリンでお送りするX JAPANを始め、レモカフェならではのライブを!と、3日連続だったけどそれぞれにテーマを与えて、良い感じで出来たのじゃないかと自負しております。

特に大阪の中盤辺りで、バースデイを歌ってる辺りだったかな、無性に楽しくなって来ちゃって、これまでにない歌と心の一体感を体験しました。なんか、もしお客さんが誰もいなくても超盛り上がって歌えちゃうような、そんなテンション。それが気持ちよかったし、なんか良かったな。なんかぼちぼちもう一皮剥けられそうなCUTTのライブであります。

しかし、お客さんの反応を観ても、舞台という新しい場所へのチャレンジ(という言葉を敢えて使いますが)が、僕の活動にとてもいいカンフル剤(言い方がおじさんくさいな…少年役なのに…)になってると思います。

盗聴少年を終えた時、僕と僕の音楽がどんな場所に立っているのか、とても楽しみな今日この頃なのであります。